お知らせ

 学 会
  概要
  会則
  入会案内
  選挙規定
  学会役員


 大 会
  最新の大会
  過去の大会


 学会誌
  最新の雑誌
  過去の雑誌
  投稿規定
  執筆要領
  投稿用紙


 大 学
  学べる大学


 問い合わせ


 
日本動物考古学会 第1回大会





 日本動物考古学第1回プログラム・抄録集 PDF版


  日 時: 2013年11月16日(土)・17日(日)
 16日(土) 開場・受付  12:15~
       総会     13:00~14:00
       研究発表   14:15~17:20
       懇親会    17:45~19:45
 17日(日) 研究発表    9:00~11:15

  会 場: 慶應義塾大学三田キャンパス
 総会・大会会場 東館6F G-SEC Lab.
 懇親会場    南校舎4F ザ・カフェテリア
     ※総会・大会会場は、第1報でお知らせしていた会場から変更になりました。ご注意ください。

  参加費: 大会参加費  1,000円(予稿集代金、茶菓代を含む)
        懇親会費   4,000円

  プログラム:
    11月16日(土)
     12:15~      開場・受付
     13:00~14:00  総会

     14:00〜14:15  休憩

     14:15~15:15  研究発表A  座長: 小島秀彰(若狭三方縄文博物館)
       A1 貝類遺体からみた沖縄のグスク文化成立期
           ◯黒住耐二(千葉県立中央博)・新里貴之(鹿児島大)・高宮広土(札大)
       A2 グスク文化成立期の脊椎動物資源利用
           ◯樋泉岳二(早大)・菅原広史(浦添市教委)・黒住耐二(千葉県立中央博)・新里貴之(鹿児島大)・
           高宮広土(札大)
       A3 北海道浜頓別町日の出貝塚の2013年調査
           新美倫子(名古屋大)・◯安津由香里(愛知学院大)・鈴木翔太(愛知学院大)

     15:15~16:00  ポスターセッション

     16:00~17:20  研究発表B  座長: 山崎健(奈文研)
       B1 豊後府内町跡から出土した動物遺存体
           ◯松井章(奈文研)・覚張隆史(北里大)・丸山真史(奈文研)
       B2 中国磁山遺跡出土のニワトリの再検討
           ◯江田真毅(北大)・菊地大樹(奈文研)・袁靖(中国社会科学院)
       B3 モンゴル国内遺跡出土馬の体高
           ◯植月学(山梨県博)・Tuvshinjargal Tumurbaatar(モンゴル国立博)・
           Bayarsaikhan Jamsranjav(モンゴル国立博)・Erdene Myagmar(モンゴル国立大)
       B4 3Dレーザースキャナによる動物考古学の新手法
           ◯菊地大樹(奈文研)・平澤麻衣子(奈文研)・松井章(奈文研)

     17:20~17:30  記念撮影
     17:45~19:45  懇親会


    11月17日(日)
     9:00~10:00  研究発表C  座長: 鵜澤和宏(東亜大学)
       C1 青森県尻労安部洞窟の発掘調査成果(2011~2013年)
           ◯澤浦亮平(東北大)・奈良貴史(新潟医療福祉大)・渡辺丈彦(奈文研)・澤田純明(聖マリ医大)・
           千葉毅(神奈川県博)・萩原康雄(新潟医療福祉大)・平澤悠(慶大)・金井紋子(慶大)・
           竹内俊吾(慶大)・佐藤孝雄(慶大)
       C2 津雲貝塚出土貝類の再検討
           ◯遠部慎(北大)・畑山智史(東大)
       C3 貝殻成長線分析を用いた災害史復元の基礎的研究
           ◯畑山智史(東大総合研究博物館)

     10:00~10:15  休憩

     10:15~11:15  研究発表D  座長: 植月学(山梨県立博物館)
       D1 大坂城下町跡における双六の駒の製作
           ◯丸山真史(奈文研)・清水和明(大阪文化財研究所)
       D2 東日本大震災の復興事業に伴う発掘調査に対する支援の現状報告
           ◯山崎健(奈文研)
       D3 アンデス形成期における動物利用
          ―ペルー北部高地に位置する2つの神殿遺跡から出土した動物相―

           ◯鵜澤和宏(東亜大)・関雄二(民博)


     ポスター発表
       P1 カサガイ類貝殻成長線分析の基礎的研究
           ◯大塚秀(東海大)・照屋清之介(東大)・畑山智史(東大)
       P2 九州を中心としたクマサルボオ製貝製品について
           ◯黒住耐二(千葉県立中央博)
       P3 大阪府四条畷市蔀屋北遺跡出土の動物遺存体
           ◯安部みき子(大阪市大)・宮崎泰史(大阪府教委)
       P4 富山県氷見市上久津呂中屋遺跡における動物資源利用
           ◯納屋内高史(富山市教委)・ 町田賢一(富山県文化振興財団)
       P5 復興事業に伴う発掘調査で出土した動物遺存体の概要
           ◯松崎哲也(京大)・丸山真史(奈文研)・山崎健(奈文研)
       P6 北海道東部地域でのカワシンジュガイの利用
           ◯上奈穂美(歴博)・豊原熙司(第四紀地質研究所)
       P7 オホーツク文化期のアイスピックとされる骨器について
           ◯猪熊樹人(根室市歴史と自然の資料館)
       P8 礼文島浜中2遺跡における動物資源利用の変遷―コラムサンプルの分析を中心に―
           ◯高橋鵬成(慶大)・佐藤孝雄(慶大)
       P9 礼文島浜中2遺跡のオホーツク犬骨
           ◯大西凛(慶大)・澤田純明(聖マリ医大)・佐藤孝雄(慶大)
       P10 礼文島浜中2遺跡のカラフトブタ遺体
           ◯服部太一(慶大)・澤田純明(聖マリ医大)・佐藤孝雄(慶大)
       P11 鯨歯細工・工芸の現状について-大阪のある製作所の事例を中心に-
           ◯内田昌宏(富士市立富士第一小)