お知らせ

 学 会
  概要
  会則
  入会案内
  選挙規定
  学会役員


 大 会
  最新の大会
  過去の大会


 学会誌
  最新の雑誌
  過去の雑誌
  投稿規定
  執筆要領
  投稿用紙


 大 学
  学べる大学


 問い合わせ


 
日本動物考古学会 第2回大会





日本動物考古学第2回プログラム・抄録集 PDF版


  日 時: 2014年11月29日(土)・30日(日)
 29日(土) 開場・受付   12:15~
       研究発表    13:00~16:30
       総会      16:40~17:40
       懇親会     18:30~20:30
 30日(日) 研究発表      9:00~11:50
       若狭三方縄文博物館見学会   11:55~12:45
       鳥浜貝塚見学会        13:15~14:15

  大会・総会会場: 福井県立三方青年の家(29日)
              若狭三方縄文博物館(30日)
     ※1日目と2日目で会場が異なりますので、ご注意ください。

  懇親会場: はまと旅館

  参加費: 大会参加費  2,000円(予稿集代金、茶菓代を含む)
        懇親会費   5,000円


  プログラム:
    11月29日(土)
     12:15~      開場・受付
     13:00~13:10  開会の辞

     13:10~14:10  研究発表A  座長: 新美倫子(名大)
       A1 青森県尻労安部洞窟における縄文時代中・後期の動物利用
           ◯澤浦亮平(東北大)・澤田純明(聖マリ医大)・江田真毅(北大)・吉永亜紀子(慶大)・黒住耐二(千葉県博)・
           佐藤孝雄(慶大)
       A2 縄文時代中期・後期の東京湾東岸域におけるハマグリ資源管理の多様性
          ―都川村田川貝塚群におけるハマグリのサイズ分布解析から―
           ◯樋泉岳二(早大)・西野雅人(千葉市埋文)
       A3 佐賀市東名遺跡群出土の耳石の種同定と、その動物考古学的意義について
           ◯松井章(奈文研)・大江文雄(奈文研)・丸山真史(京都市埋文)・西田巌(佐賀市教委)・真貝理香(奈文研)

     14:10~15:10  ポスターセッション

     15:10~16:30  研究発表B  座長: 樋泉岳二(早大)
       B1 魚類遺存体から見た小竹貝塚―2008年度出土資料を中心として―
           ◯納屋内高史(富山市教委)
       B2 小竹貝塚における動物資源利用
           ◯山崎健(奈文研)・丸山真史(京都市埋文)・菊地大樹(京大人文研)・江田真毅(北大)・松崎哲也(京大)
           三輪みなみ(愛知県埋文)
       B3 福井県内出土黒曜石の産地分析からみた縄文人の交換活動、行動領域
           ◯建石徹(文化庁)・小島秀彰(若狭三方縄文博)・田中祐二(福井県庁)
       B4 鳥浜貝塚の発掘調査と動物考古学的研究への寄与―学史の整理から―
           ◯小島秀彰(若狭三方縄文博)

     16:30~16:40  休憩

     16:40~17:40  総会
     17:40~17:50  記念撮影
     18:30~20:30  懇親会


    11月30日(日)
     9:00~10:20  研究発表C  座長: 佐藤孝雄(慶大)
       C1 土器胎土脂質分析を利用した動物性食材利用の評価
           ◯宮田佳樹(金沢大)・堀内晶子(国際基督教大)
       C2 中世大友府内町遺跡出土の鹿角製品―両歯櫛の系譜について―
           〇真貝理香(奈文研)・松井章(奈文研)
       C3 オホーツク文化期の海獣骨における解体痕研究
           ◯岩波連(北大)
       C4 「鵜を抱く女」再考
           ◯江田真毅(北大)・沖田絵麻(土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム)・鵜澤和宏(東亜大)

     10:20~10:30  休憩

     10:30~11:50  研究発表D  座長: 本郷一美(総研大)
       D1 臼歯形状からみた日本在来馬の起源
           ◯植月学(山梨県博)・津村宏臣(同志社大)・孫(高麗大)・Tuvshinjargal Tumurbaatar・
           ・Bayarsaikhan Jamsranjav(モンゴル国立博)・Erdene Myagmar(モンゴル国立大)・
           Gundem, Can Yumni(Batman大)・本郷一美(総研大)
       D2 東日本内陸部における遺跡出土馬の雑穀給餌形態の検証―方法論的検証とその対応―
           ◯覚張隆史(北里大)・植月学(山梨県博)・前楚秀和(与那国町教委)・秋田優(串間市教委)
       D3 宮古島友利元島遺跡出土のイノシシについて
           ◯菅原広史(浦添市教委)・久貝弥嗣(宮古島市教委)
       D4 現生リュウキュウイノシシのDNA解析:遺跡出土資料の解析結果を正しく解釈するために
           ◯高橋遼平(山梨大)・姉崎智子(群馬県博)・本郷一美(総研大)・黒澤弥悦(東農大)

     11:50~11:55  閉会の辞
     11:55~12:45  若狭三方縄文博物館見学会
     13:15~14:15  鳥浜貝塚見学会


     ポスター発表
       P1 遺跡出土クリの栽培化の問題
           ◯新美倫子(名大)・西本豊弘(噴火湾文化研)・住田雅和(トータルメディア)・金憲奭(歴博)
       P2 土器付着炭化物を中心とした鳥浜貝塚の年代学的研究
           ◯遠部慎(北大)・宮田佳樹(金沢大)
       P3 東北地方における縄文時代前中期の貝類利用とその変遷
           ◯松崎哲也(京大)
       P4 縄文時代におけるマグロ属の利用―岩手県宮野貝塚出土資料の検討―
           ◯吉田彩乃(慶大)・佐藤孝雄(慶大)
       P5 mtDNA分析を用いた勝連城跡出土魚骨の種同定の実践と生業様相の考察
           ◯菅原広史(浦添市教委)・川口亮(琉大)
       P6 富山城下町遺跡主要部(西町南区)出土の動物遺存体
           ◯納屋内高史(富山市教委)
       P7 近世、金沢の動物遺体とその現状
           ◯畑山智史(埼玉大)・中村大介(埼玉大)
       P8 縄文犬は何を食べていたか?
           ◯覚張隆史(北里大・学振)・米田穣(東大)
       P9 モンゴルにおける青銅器時代のウマ儀礼について
           ◯Battsengel Tsogzolmaa (名大)
       P10 鯨ひげ細工とべっ甲細工の類似性についての一考察
           ◯内田昌宏(富士市立富士第一小)