お知らせ

 学 会
  概要
  会則
  入会案内
  選挙規定
  学会役員


 大 会
  最新の大会
  過去の大会


 学会誌
  最新の雑誌
  過去の雑誌
  投稿規定
  執筆要領
  投稿用紙


 大 学
  学べる大学


 問い合わせ


 
日本動物考古学会 第3回大会 (終了しました)




日本動物考古学第3回プログラム・抄録集 PDF版


  日 時: 2015年7月4日(土)・5日(日)
 4日(土) 開場・受付   12:15~
       研究発表    13:10~16:30
       総会      16:40~17:40
       懇親会     18:15~20:15
 5日(日) 研究発表      9:00~13:00

  大会・総会・懇親会会場: 平城宮跡資料館講堂(独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所)

  参加費: 大会参加費  2,000円(予稿集代金、茶菓代を含む)
        懇親会費   3,000円


  プログラム:
    7月4日(土)
     12:15~      開場・受付
     13:00~13:10  開会の辞

     13:10~14:10  研究発表A  座長: 新美倫子(名大)
       A01 続縄文・オホーツク文化期におけるイヌの飼育・利用-礼文島浜中2遺跡Nakatani地点出土資料の検討-
           ◯大西凛(慶大)・澤田純明(新潟福祉医療大)・佐藤孝雄(慶大)
       A02 オホーツク文化のブタ飼育にみる時期差-サイズとエナメル質減形成に関する検討-
           ◯服部太一(慶大)・澤田純明(新潟福祉医療大)・佐藤孝雄(慶大)
       A03 鶏から家鶏への道-飼い慣らし技術の比較研究-
           ◯池谷和信(民博)

     14:10~15:10  ポスターセッション

     15:10~16:30  研究発表B  座長: 本郷一美(総研大)
       B01 中国浙江省田螺山遺跡における動物遺存体の共同研究
           ◯菊地大樹(京大)・松井章(奈文研)・中村俊夫(名大)・丸山真史(東海大)・孫国平(浙江省文物考古研究所)
       B02 田螺山遺跡出土の魚類遺存体について
           ◯松井章(奈文研)・真貝理香(奈文研)・孫国平(浙江省文物考古研究所)
       B03 中国新石器時代の初期稲作集落における鳥類利用-浙江省・田螺山遺跡の事例研究-
           ◯江田真毅(北大)・孫国平(浙江省文物考古研究所)
       B04 中国浙江省田螺山遺跡における新石器時代の動物とヒトの炭素・窒素同位体分析
           ◯米田穣(東大)・孫国平(浙江省文物考古研究所)

     16:30~16:40  休憩

     16:40~17:40  総会
     17:40~17:50  記念撮影
     18:15~20:15  懇親会


    7月5日(日)
     9:00~10:00  研究発表C  座長: 樋泉岳二(早大)
       C01 縄文海進期温暖化を示す魚類相について-岡山市彦崎貝塚出土のハマギギ科とニベ科魚類を中心に-
           ◯大江文雄(奈文研)・松井章(奈文研)・田嶋正憲(岡山市教委)・真貝理香(奈文研)
       C02 宮城県波怒棄館遺跡から出土した動物遺存体
           ◯山崎健(奈文研)・松崎哲也(京大)
       C03 漆喰の原料となる貝灰原料
           ◯黒住耐二(千葉県中央博)

     10:00~10:10  休憩

     10:10~11:30  研究発表D  座長: 山根洋子(港区立港郷土資料館)
       D01 土産品としての木彫りクマの発祥と展開
           ◯大谷茂之(八雲町教委)
       D02 鉄製釣針製作用具の新例について
           ◯猪熊樹人(根室市歴史と自然の資料館)
       D03 近世近代遺跡出土歯ブラシ形骨加工品-植毛技法に着目した形態分類の提示と時期偏差の予察-(仮題)
           ◯藪田みゆき(同志社大)
       D04 山梨県谷村城における近世の動物資源利用
           ◯植月学(山梨県博)・塩谷風季(山梨県埋文)・網倉邦生(山梨県埋文)

     11:30~11:40  休憩

     11:40~13:00  研究発表D  座長: 植月学(山梨県博)
       E01 レプリカ法による解体痕研究の試み-解体に使用した道具の復元をめざして-
           ◯岩波連(北大)・江田真毅(北大)
       E02 土器胎土脂質分析を利用した海獣利用の評価-真脇遺跡,浜中2遺跡など-
           ◯宮田佳樹(金沢大)・高田秀樹(真脇遺跡縄文館)・堀内晶子(国際基督教大)
       E03 藤原宮跡出土動物遺存体の多元素安定同位体分析
           ◯覚張隆史(北里大)・山崎健(奈文研)・降幡順子(奈文研)・石橋茂登(奈文研)・米田穣(東大)
       E04 愛知県における先史時代人骨の身長に関する研究
           ◯村松裕南(名大)
     13:00  閉会の辞

     ポスター発表
       P01 動物骨資料の損傷と残存DNAの劣化
           ◯高橋遼平(山梨大)・骨資料の保存検討会
       P02 3D骨格図譜データベースの構築
           ◯菊地大樹(京大)・松井章(奈文研)
       P03 後期更新世ノウサギ属の種同定-青森県尻労安部洞窟出土資料の検討-
           ◯澤浦亮平(東北大)・渡辺丈彦(慶大)・平澤悠(慶大)・奈良貴史(新潟医療福祉大)
           ・澤田純明(新潟医療福祉大), 佐藤孝雄(慶大), 鈴木敏彦(東北大), 佐々木啓一(東北大)
       P04 北海道伊達市若生貝塚の動物遺存体の層位的出土傾向(予察)
           ◯青野友哉・永谷幸人・西本豊弘 (伊達市噴火湾文化研究所)
       P05 縄文時代前半期の東北地方におけるマグロ漁とその利用
           ◯松崎哲也(京大)・山崎健(奈文研)
       P06 現生イノシシを用いた臼歯形状のランドマーク解析(予報)
           ◯山田英佑・本郷一美(総研大)
       P07 千葉県須和田遺跡出土の古代犬骨にみられる古病理痕について
           ◯山崎京美(いわき短大)・金子浩昌(東博)
       P08 日本中世のイヌについて-由比ヶ浜南遺跡出土資料を中心に-
           ◯渡邉綾美(名大)
       P09 モンゴルにおける先史時代の副葬されたウマについて
           ◯Battsengel Tsogzolmaa (名大)
       P10 鯨髭・鯨骨の有効利用についての一考察-耳かき製作の事例を中心に-
           ◯内田昌宏(富士市立富士第一小)