お知らせ

 学 会
  概要
  会則
  入会案内
  選挙規定
  学会役員


 大 会
  最新の大会
  過去の大会


 学会誌
  最新の雑誌
  過去の雑誌
  投稿規定
  執筆要領
  投稿用紙


 大 学
  学べる大学


 問い合わせ


 
日本動物考古学会 第4回大会 (終了しました)




日本動物考古学第4回プログラム・抄録集 PDF版


  日 時: 2016年6月18日(土)・19日(日)
 18日(土) 開場・受付開始   12:30~
       研究発表    13:40~16:40
       総会      16:50~18:00
       懇親会     18:40~20:40
 19日(日) 研究発表      9:00~13:00
       見学会    13:00~

  大会・総会: 鳥取市青谷町総合支所 多目的ホール

  懇親会会場: 貝殻節の里「旅風庵」

  参加費: 大会参加費  2,000円(抄録集代を含む)
        懇親会+宿泊費   11,000円(朝食付き)
        懇親会費のみ   7,000円

  プログラム:
    6月18日(土)
     12:30~      開場・受付開始
     13:30~13:40  開会の辞  西本豊弘
                大会実行委員長挨拶  中原斉

     13:40~14:40  研究発表A  座長: 樋泉岳二(早稲田大学)
       A01 鳥浜貝塚Fトレンチ第4層(有機質土層)に見られる海産魚類遺存体
           ◯大江文雄(奈良文化財研究所)
       A02 北海道伊達市若生貝塚の発掘調査と縄文前期の環境復元
           ◯青野友哉・永谷幸人・西本豊弘(伊達市噴火湾文化研究所)
       A03 伊勢三河湾沿岸の縄文貝塚における貝採集活動の季節
           ◯畑山智史(埼玉大学大学院)

     14:40~15:20  ポスターセッション

     15:20~16:40  研究発表B  座長: 新美倫子(名古屋大学)
       B01 弥生時代における奈良盆地の魚類利用
           ◯丸山真史(東海大学)
       B02 弥生時代のニワトリの性比
           ◯江田真毅(北海道大学総合博物館)
       B03 青谷上寺地遺跡の動物利用について
           ◯河合章行(鳥取県教育文化財団調査室)・井上貴央
       B04 魚類遺存体の同定に関わる基礎研究
           ◯門脇隆志(鳥取県教育文化財団調査室)

     16:40~16:50  休憩

     16:50~18:00  総会・記念撮影
     18:40~20:40  懇親会(旅風庵にて)


    6月19日(日)
     9:10~10:30  研究発表C  座長: 本郷一美(総合研究大学院大学)
       C01 千葉県市川市出土の古代犬の特徴と年代について
           ◯山崎京美(いわき短期大学)・米田穰(東京大学総合研究博物館)・金子浩昌(東京国立博物館)
       C02 藤原宮跡から出土した馬の飼育形態と産地推定
           ◯山崎健(奈良文化財研究所)・ 覚張隆史(金沢大学)・降幡順子(奈良文化財研究所)
           ・石橋茂登(奈良文化財研究所)・米田穣(東京大学総合研究博物館)
       C03 北海道大学構内における近現代遺構の分析
           ◯遠部慎(久万高原町教育委員会・埼玉大学大学院)・畑山智史(埼玉大学大学院)
       C04 ベトナム先史時代の家畜利用に関する新知見
           ◯澤田純明(新潟医療福祉大学)・江田真毅(北海道大学総合博物館)・佐藤孝雄(慶應義塾大学)
           ・澤浦亮平(東北大学)・高橋遼平(山梨大学)・樋泉岳二(早稲田大学)・服部太一(慶應義塾大学)
           ・本郷一美・山田英佑(総合研究大学院大学)・米田穣(東京大学総合研究博物館)

     10:30~10:40  休憩

     10:40~12:00  研究発表D  座長: 佐藤孝雄(慶應義塾大学)
       D01 中国新石器時代長江下流域における動物利用の変遷
           ◯菊地大樹(京都大学人文科学研究所)
       D02 中国・浙江省・良渚遺跡群の卞家山遺跡から出土した貝類遺体
           ◯黒住耐二(千葉県立中央博物館)・劉斌・趙曄・王寧遠(浙江省文物考古研究所)・中村慎一(金沢大学)
       D03 八日市地方遺跡出土動物骨の安定同位体組成と炭素年代を用いた遺跡環境復元
           ◯宮田佳樹(金沢大学)・南雅代(名古屋大学)・下濱貴子(小松市埋蔵文化財センター)・長尾誠也(金沢大学)
           ・多田洋平(総合地球環境学研究所)・佐野雅規(総合地球環境学研究所)・中塚武(総合地球環境学研究所)
           ・中村俊夫(名古屋大学)
       D04 大臼歯表面の顕微鏡観察に基づくイノシシ属の食性推定
           ◯山田英佑(総合研究大学院大学)・久保麦野(東京大学大学院)・久保泰(東京大学総合研究博物館)
           ・甲能直樹(国立科学博物館)

     12:00~12:10  閉会の辞  樋泉岳二
     12:10~13:00  昼食(申し込まれた方は弁当・お茶を用意しております)
     13:00~      見学会(15:00頃解散予定)

     ポスター発表
       P01 ノウサギ切歯象牙質成長線の周期性・狩猟時期復元のための基礎的検討
           ◯澤浦亮平(東北大学)
       P02 福井県鳥浜貝塚出土ヤマトシジミの殻長分布について
           ◯小島秀彰(若狭三方縄文博物館)
       P03 横浜市上台貝塚出土の貝類遺体について(仮題)
           ◯吉永亜紀子(慶應義塾大学)・千葉毅(神奈川県立歴史博物館)
       P04 三陸地方の縄文時代前・中期貝塚における動物資源利用(仮題)
           ◯松崎哲也(京都大学大学院)
       P05 鎌倉市由比ヶ浜南遺跡の魚骨について
           ◯廣瀬允人・西本豊弘(伊達市噴火湾文化研究所)・新美倫子(名古屋大学博物館)
       P06 東北中世城館における動物利用-青森県平川市大光寺新城跡から出土した動物遺体-
           ◯植月学(山梨県立博物館)・金子浩昌(東京国立博物館)
       P07 加賀前田家江戸上屋敷における動物性食料の様相-魚類遺体を中心に-
           ◯阿部常樹(國學院大學)
       P08 土屋恭一と台湾高雄市小渓貝塚に関する基礎的研究
           ◯畑山智史(埼玉大学)
       P09 ベトナム先史時代遺跡から出土したSus scrofaの歯冠形態について
           ◯服部太一(慶應義塾大学大学院)・澤田純明(新潟医療福祉大学)・佐藤孝雄(慶應義塾大学)
       P10 次世代シーケンサーを用いた日本列島遺跡出土人骨及び動物遺存体の古ゲノム分析
           ◯覚張隆史(金沢大学)・丸山真史(東海大学)・太田博樹(北里大学)