お知らせ

 学 会
  概要
  会則
  入会案内
  選挙規定
  学会役員


 大 会
  最新の大会
  過去の大会


 学術雑誌
  最新の雑誌
  過去の雑誌
  投稿規定
  執筆要領


 大 学
  学べる大学


 問い合わせ


 
日本動物考古学会 第6回大会 (終了しました)




日本動物考古学第6回プログラム・抄録集 PDF版


  日 時: 2018年6月16日(土)・17日(日)
 17(土) 開場・受付開始   13:30~
       研究発表    14:10~17:40
       総会      17:50~18:30
       懇親会     19:00~
 18日(日) 研究発表      9:00~11:10
       展示見学     11:30~

  大会・総会: 崎山貝塚縄文の森公園複合施設(崎山公民館多目的ホール)

  懇親会会場: 休暇村陸中宮古

  参加費: 大会参加費  2,000円(抄録集代を含む)
        懇親会費+宿泊  12,000円(朝食付き)
        懇親会費のみ  5,000円

  プログラム:
    6月16日(土)
     13:30~   開場・受付
     14:00~   開会の辞
     14:10~15:50  研究発表A  座長: 丸山真史
       A01 縄文後期におけるオキアサリ採貝活動の季節性―千葉市園生貝塚の貝殻成長線分析例―
           ○坂本匠(明治大学大学院)・樋泉岳二(早稲田大学)・西野雅人(千葉県埋蔵文化財センター)
       A02 東京湾西岸の縄文時代貝塚にみられる貝製品について
           浪形早季子(横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センタ−)
       A03 「葦灰」製塩の可能性を微小貝類から探る
           黒住耐二(千葉県立中央博物館)
       A04 縄文時代の湾奥貝塚より出土するフグ科魚類をめぐって
           植月学(弘前大学)
       A05 マグロ属椎骨の形態による種同定の試み
           松崎哲也(京都大学大学院)

     15:50~16:20  ポスターセッション

     16:20~17:40  研究発表B  座長: 山崎京美
       B01 東北地方における貝塚調査の現状―宮城県・岩手県を中心として―
           ○山崎健(奈良文化財研究所)・松崎哲也(京都大学大学院)・山田凜太郎(京都大学大学院)
       B02 縄文時代早期後葉〜前期における八戸地域の貝塚について
           杉山陽亮(八戸市教育委員会)
       B03 縄文時代後晩期の動物利用とその時期差―仙台湾周辺から三陸沿岸を例として―
           山田凜太郎(京都大学大学院)
       B04 岩手県大船渡市大洞貝塚の動物遺体
           斉藤慶吏(青森県教育庁文化財保護課)

     17:50~18:30  総会
     19:30~21:00  懇親会


    6月17日(日)
     9:00~10:00  研究発表C  座長: 澤田純明
       C01 上黒岩岩陰遺跡出土の自然遺物の年代測定とその評価
           ○遠部 慎(久万高原町教育委員会)・小林謙一(中央大学)・覚張隆史(金沢大学)・米田穣(東京大学)
       C02 徳之島面縄貝塚出土イノシシのDNA解析―現生資料との比較から探る集団の成立―
           ○高橋遼平(山梨大学)・安田未来(伊仙町教育委員会)・新里亮人(伊仙町教育委員会)
       C03 土器残存脂質分析によるサケマス類など遡上魚の評価―対雁2遺跡(北海道)を例として―
           ○宮田佳樹(金沢大学)・鈴木信(北海道埋蔵文化財センター)・宮内信雄(東京大学総合博物館)
           ・堀内晶子(国際基督教大学)・吉田邦夫(東京大学総合博物館)

     10:10~11:10  研究発表D  座長: 植月学
       D01 古墳時代の奈良盆地における馬飼いを探る
           丸山真史(東海大学)
       D02 1640~1663年に限定される貝塚からみた近世アイヌ文化期の生業活動
                          ―北海道伊達市カムイタプコプ下遺跡の貝塚資料から―
           ○三谷智広(洞爺湖町教育委員会)・富塚龍(伊達市噴火湾文化研究所)
           西本豊弘(伊達市噴火湾文化研究所)・添田雄二(北海道博物館)
       D03 遺跡資料同定のためのガン類の骨形成に関する基礎的研究
           江田真毅(北海道大学総合博物館)

     11:10~11:20  閉会の辞      11:30~12:30  記念撮影・展示見学

     ポスター発表
       P01 更新世シカ類化石に残された人為的痕跡の探索
           澤浦亮平(沖縄県立博物館・美術館)
       P02 北海道南部若生貝塚と絵鞆貝塚の動物遺体
           ○西本豊弘(伊達市噴火湾文化研究所)・青野友哉(伊達市噴火湾文化研究所)
           永谷幸人(伊達市噴火湾文化研究所)・富塚龍(伊達市噴火湾文化研究所)
       P03 宮城県気仙沼市台の下貝塚からみた縄文時代中期末葉〜後期初頭の動物利用
           ○山田凜太郎(京都大学大学院)・松崎哲也(京都大学大学院)・山崎健(奈良文化財研究所)
       P04 広田湾・気仙沼湾周辺における近年の動物遺存体の調査事例
           ○松崎哲也(京都大学大学院)・山崎 健(奈良文化財研究所)・陸前高田市教育委員会
       P05 群馬県居家以岩陰遺跡出土の動物遺存体
           ○山崎京美(いわき短期大学)・猪熊花那子(国学院大学)・谷口康浩(国学院大学)
       P06 小竹貝塚の埋葬犬からみる縄文時代の人と犬の関係
           ○泉屋奏子(金沢大学)・河西健二(富山県教育委員会)・町田賢一(富山県文化振興財団)
           ・覚張隆史(金沢大学)
       P07 日本列島遺跡出土馬の同位体景観学(Isoscape)に基づく馬飼育環境・文化圏の可視化に関する研究
           覚張隆史(金沢大学)
       P08 台湾南部における貝塚研究史-高雄高級中学校収蔵の土屋恭一コレクションを中心として―
           畑山智史(飛ノ台史跡公園博物館)